活動状況

リゾート地の管理契約に関して契約条項について改定がなされました。

   リゾート地管理会社である株式会社AプラスBリゾート(以下「同社」といいます。)の管理契約、給水使用契約、温泉給湯管理契約等について、消費者契約法に照らして相当なものかどうか検討するため、同社に対し、当法人よりお問い合わせをしていました。

 同社からは、当法人のお問い合わせに対し、契約条項の改定を検討するとの回答をいただき、さらに、2019年2月22日付で、改定が完了したことと、これらについて顧客に説明を実施したこと等の回答をいただき、資料についても送付いただきました。なお、改定された新契約書での契約は、2019年7月1日を予定しているとのことです。

 当法人としては、同社が消費者契約法の趣旨に沿って契約条項について大幅に改定をいただいていること、同社において真摯かつ誠実に対応いただいていることから、今後の状況を注視していくこととし、お問い合わせ活動をいったん終了することにいたしました。

 改定された約款については次のとおりです。

190514新旧対照表.pdf

2019-05-14

PAGETOP